守山しっぽ動物病院

皮膚科診療

こんな症状はありませんか?

  • 体をかゆがるしぐさをする
  • 血が出るまで体をかく
  • 赤いぶつぶつがある
  • 目や耳のまわりが赤く腫れている
  • 足など、体をよく舐める
  • 毛が薄くなっている部分がある
  • 皮膚にしこりがある
  • 肌がべたついている

など

このような症状がある場合、皮膚病にかかっている可能性がありますので、滋賀県守山市の守山しっぽ動物病院までお早めにご相談ください。

守山しっぽ動物病院は皮膚病の治療に力を入れています

慢性的な皮膚病の改善をはかります

慢性的な皮膚病の改善をはかります

滋賀県守山市の守山しっぽ動物病院では、一般診療に加えて、皮膚病の治療に力を入れて取り組んでいます。

皮膚病は、ワンちゃん・ネコちゃんの病気の中でも特に多いもので、主な疾患として、「アレルギー性皮膚炎」「疥癬」「脱毛症」「猫ざそう(猫ニキビ)」などがあります。

当院では、薬浴・メディカルシャンプーのほか、外用療法、漢方療法、食事管理などにより、慢性的な皮膚病の改善をはかります。

動物のお肌のケアは動物病院にお任せください

かゆみ、赤いぶつぶつなどの症状があり、ご自宅でシャンプーを使って動物のお肌をケアされている方もおられるかと思います。

また、当院でも、飼い主様に「このシャンプーを使って、同じようにケアしてあげてくださいね」とお願いすることもあります。
しかし、実感として、ご自宅でケアするよりも、動物病院でケアした方が、仕上がりは良いと思います。

効果的にお肌をケアして、大切なご家族を皮膚病から守るためにも、気になる症状がある方はお気軽に当院までご相談ください。

皮膚病の主な検査

皮膚掻破試験

動物の皮膚の表面を採取して、顕微鏡で観察します。

疥癬やニキビダニなど、寄生虫の感染の有無を確認することができます。

毛検査

少量だけ毛を採取して、毛の状態を詳しく確認します。

血液検査

ホルモンや代謝の異常で皮膚病が起こる場合がありますので、血液中のホルモンや酵素量などを測定します。

アレルギー検査

アレルギー性皮膚炎など、アレルギー症状が起こっている原因と明らかにするために、血清IgE検査などのアレルギー検査を行います。

皮膚病理検査

患部の組織を一部採取して、皮膚病理検査を行います。

皮膚病の治療

薬浴・メディカルシャンプー

薬浴・メディカルシャンプー

皮膚病に治療では、お肌のケアを継続して行うことが大切です。

それにより、皮膚病の症状を改善することが可能となります。

しかし、飼い主様によっては、シャンプーが大変だったり、忙しくてできなかったりするかと思いますので、当院では皮膚病の治療のために「薬浴・メディカルシャンプー」を行っています。

薬浴・メディカルシャンプーの特徴
病気の早期発見

薬浴・メディカルシャンプーを行う前に、動物の身体を検査します。

また、お預かり中(半日)に、お体の健康状態のチェックさせていただきます。

皮膚の状態に合わせた外用療法

治療の一環として、入浴剤、シャンプー、保湿剤、外用薬などを使用します。

高齢・病気の動物でも安心

高齢・病気の動物が薬浴・メディカルシャンプーを受けることで、過度な緊張・興奮などにより体調を崩しても、獣医師がすぐ対応しますのでご安心ください。

他の診察との併用もできます

お薬のついでや、ワクチン接種のついでに、薬浴・メディカルシャンプーを受けていただくこともできます。

お気軽にお問い合わせください。

※1年以内に、混合ワクチンがお済みのワンちゃんが対象となります

※半日お預かり

※ノミ・ダニを見かけた場合は駆虫させていただきます

077-575-0286 077-575-0286

anicom 保険対応

アイペットペット保険対応動物病院

ふたやすみ

DOG SILVA

DOG CARE BASE

動物ナビ

top