• 順番のご確認はこちら
  • 0775750286

診察案内

診察方針

動物とそのご家族の幸せを考えられる地域に根ざしたホームドクターを目指します。
病気の検査・診断・治療内容とそれに伴う費用について明確にし、ご家族にしっかり説明してご納得いただいた上で治療を実践します。
動物の社会福祉についても積極的に行い、地域に貢献できる病院を目指します。

対象動物
犬
ネコ
うさぎ
ハムスター
モルモット

※その他動物に関しては事前にご連絡ください。

診察内容

一般診療と予約診療

内科・外科・循環器科・耳鼻科・泌尿器科・産科・血液内科・内分泌科・画像診断科・歯科・眼科・エキゾチック科

健康相談

しつけ・お手入れ・フード相談・シャンプー・定期健診・痴呆・老齢介護・問題行動

予防

各種ワクチン、各種寄生虫(フィラリア・ノミ・ダニ・消化管寄生虫)予防・駆虫・定期健診

腫瘍科(認定医)診療

外科・化学療法・BRM・>放射線治療相談

漢方治療

皮膚科・漢方内科・体質改善・不安症

皮膚科診療

薬浴・各種アレルギー検査・食事管理・漢方療法・外用療法・皮膚病理検査

診察時間

時間予約診療・・・1日1組限定予約(先着順です)

他の動物が苦手な子、猫専用時間(キャットアワー)としても利用可能です。
前日の診察時間終了までにお電話ください。
手術等で診察開始が遅れる場合もございます。

予約診療はこちら

緊急対応( 夜 間・診 療 時 間 外 )

基本的に当院患者様を対象とさせていただきます。(※初めての方も可能な範囲で対応いたします)

緊急対応可能な時間帯についてはトップページにあるカレンダーをご参照ください。緊急対応カレンダー

ご利用方法

※夜間は必ず留守番電話にメッセージを入れてください。(直接来られての診察はお受けできません)
※時間外診察料が加算されます。
※緊急手術中などで折り返し連絡できない場合や対応できない時間帯もございます。その際は下記の動物病院をお薦めしています。

京都夜間動物救急センター(京都市南区)

診療時間21:30~2:00

075-693-9912

北摂夜間救急動物病院(大阪府箕面市)

診療時間20:00~6:00

072-730-2199

ペットホテル

病院なので、万が一体調を崩しても安心です!ぜひご利用ください

ご利用料金

※飼い主様との信頼関係のもと、動物の状態を把握してお預かりするため、
 当院患者様のみのサービスになります。
※混合ワクチン接種、ノミダニの予防が必要です(当日でも可能)
※お預かり、お迎えは診察時間内でお願いします。

しっぽ会員

ぜひご登録ください!

< 特 典 >

ペットホテル半額
ペットフード各種(一般食・処方食など)割引
シャンプー各種(一般・薬用など)割引
薬浴の割引
歯石除去の割引

<会員資格>

当院で ①混合ワクチン接種②ノミダニ予防薬 6回分の一括処方を受けられた方

※上記①②を満たした日から、最大1年間有効です。
 詳しくはスタッフまでお尋ねください。

初めて来院される方

病状はもとより、普段の生活の問診なども重要です。通常の診察よりも時間がかかりますので、ゆとりを持ってご来院ください。

ご確認ください

ワンちゃんは必ずリードかキャリーケースで、
ネコちゃんは必ずキャリーケースか通気の良い袋(洗濯ネットなど)でご来院ください。

受付で初診問診表をお渡ししますのでご記入ください。
ご加入中の保険がありましたら、保険証を提示してください。

現在治療中の場合、お使いの薬・検査の報告書があればご持参ください。

薬浴について

皮膚病治療のために実施します。

病気の早期発見

事前に獣医師が必ず身体一般検査をします。
お預かり中(半日)に、体の健康状態のチェックもします。

皮膚の状態に合わせた外用施術

治療の一環として入浴剤・シャンプー・保湿剤・
外用薬を使用します。

高齢・病気でも安心

過度な緊張・興奮などで体調を崩しても
獣医師がすぐ対応します。

他の診察との併用もできます

薬のついで、ワクチンのついでにどうぞ!

※1年以内に混合ワクチンがお済みのワンちゃん  ※半日お預かり  ※ノミダニを見かけた場合は駆虫させていただきます

麻酔および外科手術

麻酔に「100%安全」はありません。

去勢・避妊手術を含む外科手術はもちろん、歯石取りやCT MRIなどの処置、検査などでも動物には全身麻酔が必要です。
近年は麻酔薬・各種モニター・周術期管理なども格段に進歩し、麻酔事故も確実に減少しています。だたし「100%安全」には至っていません。

当院では「100%の安全性」を目指しています。

動物の評価
麻酔前検査(身体検査、血液検査、レントゲン検査など)を実施します。
飼い主様も、体調の変化など些細なことでも気になる点は必ずおしらせください。
また、絶食などの食事管理もお願いします。
状態に合わせて前投与薬・麻酔薬・周術期薬を選択
術後の疼痛は身体の回復を遅らせるため、鎮痛薬を組み合わせ、効果的な痛みの管理を実施します。
術中モニタリング
五感を含め、心電図・呼吸数・SpO2・EtCO2など各種モニターを実施します。
当院では、麻酔器・人工呼吸器・生体モニターは特に最新鋭で高性能なものを導入し、
縫合糸も合併症の少ないものを使用します。
また緊急時に迅速に対応できる様、気管挿管と血管確保、点滴を実施します。
術後評価
一般状態(呼吸・心拍・体温など)が安定するまでモニターします。状態によっては酸素室などICUで管理します。
また術後腎不全などの循環不全に対応するため点滴を実施します。
日帰り手術などでも相談により入院することも可能ですので、ご相談ください。

ドナー登録にご協力ください

輸血により救われる命が沢山あります。

腫瘍、感染症、交通事故や自己免疫性血液疾患など輸血を必要とする状況が動物においても数多く存在します。
しかし動物医療においては公的な献血システムや血液バンクが未だ確立されていません。
ひとつでも多くの命を救うためにみなさまのご理解とドナー登録をお願いいたします。

ドナー登録時検査

献血してくれる動物と、輸血を受ける動物の安全を確保するために、感染症を含めた事前検査をお願いしております。
検査にかかる費用は当院が負担いたします。

血球計算 血液化学検査
血液型検査
犬糸状虫抗原検査
血球計算 血液化学検査
血液型検査
猫白血病・免疫不全ウイルス検査
ドナー登録要項
  • 年齢 1~6歳
  • 性別 ♂ 交配経験・予定がない
    ♀ 妊娠・出産経験がなく避妊手術済
  • その他 ◯ 過去に輸血を受けた経験が無いこと
    ◯ フィラリア予防(犬)、ワクチン接種、ノミ・ダニ予防を実施していること
    ◯ 完全室内飼育(猫)
    ◯ 健康状態に問題ないこと
  • 輸血が必要な際には、緊急でご連絡をさせていただきます

    そして、ご来院いただいて献血をお願いいたします。
    1回の献血量は体格により、犬で400ml以内、猫で60ml以内となります。

  • 採血部位の毛を刈ることがあります

  • 安全確保のため場合によっては鎮静処置を行うこともあります

輸血にご協力いただいた際には、ささやかではありますが特典をご準備しております。
ご協力いただける方は、スタッフまでお声がけください。